自然の中で身体をほぐすグリーフケア。大切な人、身近な人を亡くした悲しみに寄り添い、見守る場を運営

20

一般社団法人
The Egg Tree House

●活動拠点 東京都


●活動内容
子ども・10代・若者・保護者向け
グリーフケアプログラムの提供

The Egg Tree Houseを支援する

支援・活動内容

大切な人をなくした悲しみに寄り添い・見守ります

はじめまして。私たちはThe Egg Tree House(ザ エッグ ツリー ハウス)です。

私たちは、家族や身近な人、大切な人をなくし、悲しみを抱えている子ども、10代、若者、保護者を対象とし、その悲しみ(グリーフ)に寄り添い・見守るプログラムを提供しています。

グリーフとは、日本では聞きなれない言葉ですが、大切な人をなくした悲しみやそれによる心身の反応を指します。

子ども達がなくなった人への思いを語るキャンドルトーク

現在、エッグツリーハウスでは、死別経験によるグリーフを抱えた方向けの5つのプログラムを運営中です。

たまごの時間…子どもは遊び・大人は語り合いを行うプログラム(月1,2回開催)
グリーフカフェ…20歳以上の方向け 話す、聴く、語り合う時間
グリーフケアキャンプ…たまごの時間参加者向けキャンプ
グリーフカフェキャンプ…グリーフカフェの参加者向けキャンプ
ファシリテーター養成講座…グリーフケアのボランティアをしたい方向けの学びの場

ダギーセンターの研修へ参加した心理士・看護師・僧侶が立ち上げました

左から理事会田、ダギーセンター所長ブレナン・ウッズ、前所長ドナ・シャーマン、代表理事西尾、監事尾本美由紀

はじまりは2012年、現理事の3人がアメリカのポートランドにあるダギーセンターの日本人研修に参加したことでした。ダギーセンターとは、死別経験を抱える子どものサポートを専門に行う、世界ではじめての場所。ダギーセンターのグリーフサポートを学ぼうと全世界から人々が訪れていました。

研修で一緒になった、臨床心理士の西尾温文、看護師の会田秀子、僧侶の小川有閑が日本でもダギーセンターのような子どものためのグリーフサポートを行いたいと活動を決意。2014年に社団法人格を取得、まずは「たまごの時間」という子どもとその保護者向けのプログラムを月1回運営することからはじめました。

拠点はなく、“たまごの時間”は西尾の知人である住職さんにお寺を借りてプログラムをスタート。東京都小金井市にある都内有数の広さを誇る小金井公園の自然に触れられるロケーションに恵まれながら、死別経験を抱えた子どもたちが毎月思いっきり遊んでいます。

グリーフケアとは、身体と心を「ほぐす、つながる、つくる」こと

プログラムはいつも「みんなで輪」でつながりを感じとることからスタート

私たちのグリーフケアは、その考え方と動きの基本を野口体操に置いています。故・野口三千三(のぐち みちぞう)が独自の人間観と実技によって編み出した“野口体操”は、力を抜く・ほぐすことでそれぞれの人がそれぞれの体と丸ごと向き合い、楽に動くことを追求する体操です。

この野口体操の考え方にもとづき、エッグツリーハウスのグリーフケアプログラムは、「ほぐす」「つながる」「つくる」を基本としています

大切な人をなくした悲しみにアプローチするのに、理性による言葉のやり取りだけでは不十分だと私たちは考えます。死別の悲嘆感情がこころだけでなく、身体も硬くしているのなら、身体をほぐすことからアプローチしていこう。

このように考えて、私たちの運営する十住堂たまごの時間では、まず皆で輪になり、手をつなぎ、ゆっくりと自分のリズムで呼吸をする「みんなで輪」からはじめます。人のぬくもりを肌で感じ、からだとこころに入っていた力を抜くことで「ここは安心・安全な場所」と利用者に感じてもらうことができます。

エッグツリーハウスのファシリテーターは、利用者に会うときに力が入りすぎていないか? 常に心がけています。硬くなりすぎず、かといってふにゃふにゃでは困る。利用者の動きや言葉に対して、しなやかにやさしく反応できるような、「たおやか」な存在であるよう求めているのも、野口体操にもとづいたグリーフケアだからなのです。

小金井や苗場の自然にかこまれて。同じかなしみを抱えた仲間とすごす

広々とした小金井公園で思いっきり遊ぶ子ども達

エッグツリーハウスの主要プログラム「たまごの時間」は東京都小金井市のお堂で、また、グリーフケアキャンプは新潟県南魚沼郡湯沢町三国にある苗場で行われます。自然いっぱいの中、澄んだ空気を吸って、リラックスしてときを過ごす・・・。

遊びあり、アートあり、クッキングあり、触れ合いあり、語り合いあり。ただそれだけでも、日常ではなかなかできない経験が、エッグツリーハウスのプログラムには大いに盛り込まれています。

また、死別の経験を抱えているという共通点をもつ者同士であることが、大人にも子どもにも非常に作用します。ふだん、死別の経験・悲しみは理解されにくく、まるでグリーフがないもののように振舞ったりすることが当たり前となっている子どもや若者たち。

ここで共にすごすのは、大切な人をなくした経験をもつ人ばかりだということ。また、自分がグリーフを抱えていることを皆が知っているということ。ただそれだけで、子ども達の表情や態度が生き生きとしてきます。

ただそれだけのことと思われますか? ただそれだけのことが、普段の生活の中ではなかなか難しいため、私たちは子ども・10代・若者・保護者に向けたグリーフケアプログラムを運営しています。グリーフを抱えている自分であることを認識してもらい、グリーフを抱えた者同士であるという安心感それ自体が、参加している人のあるがままの表現を引き出すきっかけになっているのです。

「たまごの家」設立を目指して。活動を応援してください!

小金井市のお堂をはじめ、世田谷区代田橋や武蔵野市のグリーフカフェの運営場所もすべてお借りしているものです。私たちには、ダギーセンターのように拠点となる施設がありません。

そのため、現在では各プログラム月1~2回の開催にとどまっていますが、私たちは毎日誰かがそこにいて気軽に立ち寄れる家を作りたいと思っています。

いまは大きく「死別経験」とくくっていますが、死別体験には病気、事故、災害、自死とさまざまなケースがあり、同じような体験をした子ども達同士で気持ちをシェアできるグループを作りたいという希望もあります。死別だけでなく、離別や養子の経験を抱える、子ども達のグループもあればなぁと考えています。

悲しみの深さと期間は、人によってさまざまです。ですので、私たちはゆっくりと必要な時間、寄り添い、見守ることのできる拠点「たまごの家」を作りたいと願っています。

どうか私たちの活動にあたたかなご支援をお願いします。

一般社団法人 The Egg Tree House

代表理事 西尾温文
設立 2014年10月
HP http://eggtreehouse.org/
Facebook https://www.facebook.com/theeggtreehouse/

皆様の本の寄付で出来ること

50冊の寄付

50冊集まったら
できること

グリーフケアプログラム「たまごの時間」1回分のおやつが用意できます

500冊の寄付

500冊集まったら
できること

グリーフケアプログラム「たまごの時間」が1回開催できます

50万冊の寄付

50万冊集まったら
できること

たまごの家が建てられます

※1冊の買取価格が50円の場合

本で寄付 無料資料請求はこちらから

一般社団法人 The Egg Tree Houseへの本で寄付をご検討いただける方は、
以下のお電話、又はフォームよりお申込みをお願い致します。資料請求は無料になりますので、ご安心の上お申し込み下さい。

ご確認ください(クリックすると別ウインドウが開きます)

寄付買取できるもの・できないもの

お電話で無料資料請求の方はこちら

メールで無料資料請求の方はこちら

必須が記載されている項目は必ずご入力ください。

お名前 必須
フリガナ 必須
ご住所 郵便番号必須 -
郵便番号から住所を自動で入力
都道府県必須
市区町村必須
町域必須
建物名
TEL 必須
※住所等にご不備があった場合に、ご連絡させていただきます。

▼必要な方のみご入力下さい

梱包用
ダンボール
送付用伝票 枚数
種別

※[元払い]の場合、寄付品の送付送料は支援者様のご負担となりますが、その分、寄付金額がUPします。
(寄付品発送の際に送料のお支払が必要になります)

ガムテープ

※只今、ガムテープの送付は送料の都合上、見合わせております。大変申し訳ございません。


ありがとうブックでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、SecureCoreのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

page-top