アジアの子供たちに医療を届けたい!現地スタッフによる運営を目指して

21

認定NPO法人
フレンズ・ウィズアウト・ア・
ボーダーJAPAN

●活動拠点
アジア(ラオスやカンボジア、ミャンマーなど)

●活動内容 アジアの子供たちへの小児医療支援

フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPANを支援する

支援・活動内容

アジアの子供たちへの小児医療支援を行っています

こんにちは。フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN(フレンズ)です。私たちは、ラオスやカンボジアを中心に、アジアの子供たちへの小児医療支援を行う団体です。

1999年に最初のプロジェクトとして、カンボジアのシェムリアップに「アンコール小児病院(AHC)」を設立、2015年2月には新たなプロジェクトとして、ラオスのルアンパバーンに「ラオ・フレンズ小児病院(LFHC)」を設立しました。

「医療・教育・予防」の3つを柱とし、持続性のある小児医療のモデルケースを作ることを目指して活動しています。

AHCは2013年にフレンズの運営の手を離れ、「カンボジア人によるカンボジア人のための病院」として再スタートしました。AHCの現地化にともない、活動の主な拠点をラオスに移し、現在はラオスのルアンパバーンにて小児医療支援を担っています。

また、小規模なプロジェクトして、ミャンマーのローカルNGO「ゴールドミャンマー」が行う小児を対象とした健康診断、衛生教育などの活動への協力、支援も行っています。

世界各国6,000人以上の方からご協力頂き、アンコール小児病院を開院

フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー創設者の井津建郎

団体の創設者は、世界で活躍する写真家の井津建郎。撮影のためにカンボジアを度々訪れていましたが、そこで井津が目にしたのは、偉大な遺跡だけでなく、1ドル、2ドルが払えないために医療を受けられずに苦しんでいる子供や、命を落としていく子供たちの姿でした。

当時、カンボジアの幼児死亡率は日本の数十倍。病気やケガ、栄養失調で苦しむ子供たち、また、地雷の被害に遭いながら治療を受けられずにいる子供たちが大勢いました。

そんな現実を目の当たりにした井津は、「自分は写真をTake(撮る・もらう)ばかりだったが、Give(返す)もするべきではないか」と考え、シェムリアップに小児病院を建設することを決意。医療の知識もない、つてもない、お金もないところからスタートしました。

1995年に井津の活動拠点であるニューヨークでフレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーを、翌1996年にフレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー東京オフィス(のちのフレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN)を設立。医療専門家、篤志家、芸術家、友人など、米国、日本を中心に世界中から6,000人を超える支援者を得て、1999年にアンコール小児病院の開院を実現しました。

1ヶ所でずっと根づくまでやる。カンボジアの病院を現地化させるまで

私たちは、カンボジアのシェムリアップに小児病院を建設するところから活動をスタート。治療を必要とする全ての子供たちに、必要かつ効果的な医療を提供すべく病院を運営してきました。

設立当初から、約10年をめどに現地スタッフたちによる病院運営を目指していましたので、医療提供だけでなく教育に注力、スタッフや医療従事者の育成も同時に行ってきました。

病院の運営を現地スタッフに任せるまでの約14年の間、対応した外来患者数はのべ160万人を超えます。また、地域の人々に対する衛生教育や予防教育の普及にも努め、地域になくてはならない病院に育ったことを嬉しく思っています。

今日では1日の外来患者数は400~600人、24時間態勢の救急病院として、カンボジアの子供たちに医療を届けています。

成功事例を抱えてラオスプロジェクトをスタート

カンボジアの病院が現地スタッフの運営へと独り立ちしたことを期に、私たちの活動を見直すフェーズに入りました。

アジアではまだまだ医療が届いていない地が多く、「アジアの子供たちの命を守る」という団体のミッションはまだ道半ば。カンボジアで培ってきた経験・知見を活かすべく、次のプロジェクト候補地としてラオスへ視察を重ねました。

ある村では、足の指に感染を起こし、指が溶けてしまっている2歳の男の子に出会いました。その子の自宅からわずか数十メートル先に真新しい保健センターがありましたが、診察を受けたことは一度もなかったそうです。

“使われない医療、使えない医療”がある現実を、“使える医療、使われる医療”に変えようと、フレンズの次のプロジェクトはラオスに決定。政府保健局とプロジェクトに関するMoU(覚書)を結び、病院建築からスタートしました。

ラオ・フレンズ小児病院の活動~7年後の現地化を目指して

訪問看護を行うフレンズ代表の看護師・赤尾和美

2012年から幾度にもわたる視察を重ね、ラオスのプロジェクトを始動。病院建築を経て、ついに2015年2月にラオ・フレンズ小児病院(LFHC)が開院しました。

LFHCでは、0~15歳の子供を無償で診察しています。LFHCに行けば適切な質の高い医療が受けられる、との口コミも広まり、開院以来、1日の外来患者数は80~90人、これまでの患者数はのべ5万人を超えます。

活動は院内だけにとどまりません。退院後に家庭でのフォローアップが必要な患者さんに対しては、フレンズ代表でもある看護師・赤尾和美が担当するアウトリーチチームが訪問看護を実施しています。

私たちの最終目標は、このプロジェクトをラオス政府に移譲し、現地スタッフが自分たちで運営できるまでサポートすること。10年での現地化を目指していますので、残りあと7年です。現地化に向け、未来のリーダーを育てるべく、昨年からは特に将来のリーダーとなる人材の育成に力を入れています。

アジアの子供たちの命を守る。私たちの活動をぜひ応援してください!

私たちの活動は、団体を立ち上げた当初からこれまでずっと、多くの方々のご支援に支えられています。たくさんの応援をいただきながらも、「やりたいことと、やれること」の差にいつも葛藤しているのが正直なところです。

開院当初は外来のみでしたが、入院病棟、手術室、新生児室と院内設備を徐々に整えていき、昨年には専門外来も開設。火曜日に障がいがある子供たちのケアを行うクリニック、木曜日に血液疾患であるサラセミアの子供たちのためのサラセミアクリニックを開いています。届けられる医療が、少しずつ増えてきました。

医療支援、教育支援を両輪で行い、現地スタッフによる病院運営を目指して。私たちはこれからも走り続けます。

どうかあたたかなご支援をお願いします。

認定NPO法人フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN
代表:赤尾 和美
設立:1996年6月
住所:東京都中央区日本橋小伝馬町16-8 共同ビル7F
電話:03-6661-7558

皆様の本の寄付で出来ること

20冊の寄付

20冊集まったら
できること

肺感染症や胃腸炎の子供たち4人分の治療費をサポートできます

30冊の寄付

30冊集まったら
できること

栄養失調の子供1人に栄養価の高い食料を1週間分サポートできます

50冊の寄付

50冊集まったら
できること

入院が必要な子供1人の1日分の入院費をサポートできます

※1冊の買取価格が50円の場合

本で寄付 無料資料請求はこちらから

認定NPO法人フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPANへの本で寄付をご検討いただける方は、
以下のお電話、又はフォームよりお申込みをお願い致します。資料請求は無料になりますので、ご安心の上お申し込み下さい。

ご確認ください(クリックすると別ウインドウが開きます)

寄付買取できるもの・できないもの

お電話で無料資料請求の方はこちら

TEL

メールで無料資料請求の方はこちら

必須が記載されている項目は必ずご入力ください。

お名前 必須
フリガナ 必須
ご住所 郵便番号必須 -
郵便番号から住所を自動で入力
都道府県必須
市区町村必須
町域必須
建物名
TEL 必須
※住所等にご不備があった場合に、ご連絡させていただきます。

▼必要な方のみご入力下さい

梱包用
ダンボール
送付用伝票 枚数
種別

※[元払い]の場合、寄付品の送付送料は支援者様のご負担となりますが、その分、寄付金額がUPします。
(寄付品発送の際に送料のお支払が必要になります)

ガムテープ

※只今、ガムテープの送付は送料の都合上、見合わせております。大変申し訳ございません。


ありがとうブックでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、SecureCoreのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

page-top