死別を経験した子どもに寄りそう活動をご支援ください

15

一般社団法人
グリーフサポートせたがや
●活動拠点 サポコハウス(世田谷区太子堂)
●活動内容
グリーフに関するプログラムや講座の企画・運営
グリーフに関する個別相談受付・ファシリテーター養成

グリーフサポートせたがやを支援する

支援・活動内容

死別・いじめ…大切な人・ものを失った体験や感情を分かち合う

こんにちは。グリーフサポートせたがやです。私たちは世田谷区太子堂に「サポコハウス」を構え、グリーフサポートプログラムを運営しています。

グリーフサポートせたがやのメンバーたち

「グリーフ」とは、大切な人・ものを失うことによる気持ちや体調の変化など、さまざまな心身の反応のことを言います。

一般的には死別喪失による悲嘆を指すことが多いのですが、私たちは死別に限らず、離別、暴力被害、被災、失業やいじめなど、直接的・間接的な要因によるものすべてをグリーフととらえています。

子ども向けグリーフサポートの先駆者・ダギーセンターのアプローチ

私たちは2014年1月に一般社団法人としてスタートしましたが、はじまりは2011年のグリーフに関する生涯学習での出会いにさかのぼります。 2012年の夏、有志でアメリカオレゴン州にあるダギーセンター(https://www.dougy.org/)へ研修に行きました。

ダギーセンターは、死別を体験した子どもたちが集い、遊びやおしゃべりを通じて悲しみや辛い気持ちに向き合うことのできる家です。ダギーセンターの研修に参加し、「自分たちの地域にもこういう場があるといいよね」とおしゃべりしながらみんなでイメージを膨らませていきました。

2014年に、拠点となる「サポコハウス」を太子堂に開設。その夏から死別喪失を中心にグリーフサポートプログラムを定期的に行っています。その際に私たちが大切にしている思いは4つ。

グリーフは多様である
グリーフの衝撃や影響は一人ひとり違う
向き合う力は一人ひとりの中にある
グリーフと向き合うために安心・安全な場所を創りだす

プログラムの間、子どもは保護者と離れ、同じように死別を経験した子どもやファシリテーターと一緒に好きな時間を過ごします。

ファシリテーターは皆、養成講座受講者。3日間の講座で、死別を経験した子どもにどう寄りそうかを学び、プログラムに入っています。

サポートプログラムを始めたばかりの頃に参加した、12歳の子どもとの会話がとても印象的で心に残っています。

ファシリテーター 「今日はどうだった?」
子ども 「おもしろかった」
ファシリテーター 「どんなところがおもしろかった?」
子ども 「自由にできた」

子どもと大人のサポートを両輪で。グリーフを丸抱えする場を提供

「火山の部屋」ではものを投げたりたたいたりできます

グリーフサポートせたがやでは、子どもだけでなく大人のプログラムも行なっています。

「死別を体験した子どものプログラムをやっていますよ~」と呼びかけても、周囲の大人の気づきがなければ、子どもに情報は届きません。そこで、子連れで参加できる大人向けのプログラムを実施し、子どもが参加できる機会を増やそうと考えました。

また、グリーフは、家族でも一人ひとり違うことがあり、家族のなかだけで対処しようとすると、苦しくなってしまうこともあります。

一人ひとりのグリーフを丸抱えできる場として、サポコハウスは、大人向け、子ども向け、それぞれのサポートプログラムを提供しています。

 

グリーフサポートを求めて世田谷以外からもたくさんの方が訪れます

私たちはグリーフサポートせたがやと名乗り、拠点を世田谷に構えていますが、サポコハウスを訪れる人は世田谷区民だけに限りません。子どものグリーフサポートプログラムを提供しているのは、全国でも20ヶ所程度といわれています。サポートの場が足りていないのが現状です。

私たちは、子どもプログラムを運営するボランティア養成のための「ファシリテーター養成講座」を定期的に開催しています。いずれ、全国の各学区に1ヶ所ずつ、子どものグリーフサポートの場ができるといいなぁと思っています。

死別に限らず、多様なグリーフをサポートしたい

グリーフサポートに関心のある方を対象にしたワークショップの様子

現在サポコハウスでは、死別体験者をメインにサポートプログラムを実施していますが、今後は、離別や終末期など、広く「グリーフ」サポートプログラムを運営していきたいと考えています。

終末期は、闘病中の当事者の大変さはさることながら、今まさに親など大切な人が死に向かっていく渦中をサバイバルしている子どもへのサポートもとても重要です。死別後のサポートだけでなく、毎日何かを失い続けるようなときに寄りそうことはできないか? と思案しています。

現メンバーはみんな仕事を持って団体の活動に携わっています。そのため、各サポートプログラムの運営が月1回ずつであったり、平日に事務局としての対応ができなかったりと団体としての悩みもあります。

持続可能なグリーフサポート活動を続けるために、まずは資金的体力をつけることが喫緊の課題です。どうかみなさまのあたたかなご支援をお願いします。

一般社団法人 グリーフサポートせたがや

設立:2014年1月
住所:東京都世田谷区太子堂5-24-20-201
電話:03-6453-4925
※留守電の場合は、お名前とご連絡先を入れてください。折り返しご連絡いたします。
HP:http://www.sapoko.org/
Facebook:https://www.facebook.com/griefsupportsetagaya/

皆様の本の寄付で出来ること

250冊の寄付

250冊集まったら
できること

1人の子どもが半年間プログラムに通うことができます

500冊の寄付

500冊集まったら
できること

1人の子どもが1年間プログラムに通うことができます

1000冊の寄付

1000冊集まったら
できること

子ども向けプログラムの開催回数を月1回分増やせます

※1冊の買取価格が50円の場合

本で寄付 無料資料請求はこちらから

一般社団法人 グリーフサポートせたがやへの本で寄付をご検討いただける方は、
以下のお電話、又はフォームよりお申込みをお願い致します。資料請求は無料になりますので、ご安心の上お申し込み下さい。

ご確認ください(クリックすると別ウインドウが開きます)

寄付買取できるもの・できないもの

お電話で無料資料請求の方はこちら

メールで無料資料請求の方はこちら

必須が記載されている項目は必ずご入力ください。

お名前 必須
フリガナ 必須
ご住所 郵便番号必須 -
郵便番号から住所を自動で入力
都道府県必須
市区町村必須
町域必須
建物名
TEL 必須
※住所等にご不備があった場合に、ご連絡させていただきます。

▼必要な方のみご入力下さい

梱包用
ダンボール
送付用伝票 枚数
種別

※[元払い]の場合、寄付品の送付送料は支援者様のご負担となりますが、その分、寄付金額がUPします。
(寄付品発送の際に送料のお支払が必要になります)

ガムテープ

※只今、ガムテープの送付は送料の都合上、見合わせております。大変申し訳ございません。


ありがとうブックでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、SecureCoreのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

page-top