発達障害の心配のある子どもと、その家族の支援活動にご協力をお願いします。

22

特定非営利活動法人
子どもと歩む・るみえーる

〇活動場所

児童発達支援ふるーれ:練馬区関町南 1-12-31
ふるーれプラス:練馬区石神井台3-24-25

子どもと歩む・るみえーるを支援する

支援・活動内容

こんにちは。NPO法人子どもと歩む・るみえーるです。
私たちは、2008年にNPO法人発達障害児・者対策推進協会として発足しました。
みなさまにもっと親しまれるようにと2016年に「子どもと歩む・るみえーる」と改称し、発達障害の心配のある子どもとご家族に支援を行うことを目的に、
様々な活動をしています。

<発達障害とは> 
以下のURLをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_develop.html
(厚生労働省のホームページから)

発達障害は、障害の困難さも目立ちますが、優れた能力が発揮されている場合もあり、
周りからみてアンバランスな様子が理解されにくい障害です。
そのため、誤解されていることが多くあります。
早い時期から周囲の理解が得られ、能力を伸ばすための療育等の必要な支援や環境の調整が行われることが大切だと考えています。

そのため、私たちは「一般市民へ障害児・者への理解を求める啓発活動」「子どもの健全育成」各事業に取り組んでいます。

いただいた寄付は次の活動に生かします。

一般市民へ障害児・者への理解を求める啓発活動

発達障害に関する講演会や、ワークショップを実施しています。
これからも、広範な方々に理解をしていただくための活動を実施していきたいと願っています。

子どもの健全育成事業

2017年は、初めて「小さなコンサート」を、ふるーれプラスで実施しました。
地域の理解を得て、地域の子どもたちへ音楽や人形劇など文化的活動を提供する事や、
通所している子どもたちが気兼ねなく「音楽会」等に参加する事ができるよう、今後開催
数を増やしていきたいと願っています。

その他の私たちの活動

<障害児通所支援事業>の運営
東京都から2か所の事業所指定を受け、規程に基づいて運営しています。
障害児支援の基本理念(児童発達支援ガイドラインより)や、放課後デイサービスの基本的役割(放課後デイサービスガイドライン)を念頭に事業を実施しています。

「障害児支援の基本理念」
・障害のある子ども本人の最前の利益の保障
・地域社会への参加・包容(インクルージョン)の推進と合理的配慮
・家族支援の重視
・障害のある子どもの地域社会への参加・包容(インクルージョン)を子育て支援において推進するための後方支援としての専門的役割

「放課後デイサービスの基本的役割」
・子どもの最前の利益の保障
・共生社会の実現に向けた後方支援
・保護者支援

特定非営利活動法人 子どもと歩む・るみえーる
〒177-0053 東京都練馬区関町南1-12-31
HP http://www.npo-kodomo-lumiere.com/

皆様の本の寄付で出来ること

600冊の寄付

600冊集まったら
できること

子どもたちのために、定員30名程度のコンサートと人形劇場を開催できます

1000冊の寄付

1000冊集まったらできること

一般市民に向けて、発達障害の理解を深める講演会を開催できます

※1冊の買取価格が50円の場合

本で寄付 無料資料請求はこちらから

特定非営利活動法人 子どもと歩む・るみえーるへの本で寄付をご検討いただける方は、
以下のお電話、又はフォームよりお申込みをお願い致します。資料請求は無料になりますので、ご安心の上お申し込み下さい。

ご確認ください(クリックすると別ウインドウが開きます)

寄付買取できるもの・できないもの

お電話で無料資料請求の方はこちら

TEL

メールで無料資料請求の方はこちら

必須が記載されている項目は必ずご入力ください。

お名前 必須
フリガナ 必須
ご住所 郵便番号必須 -
郵便番号から住所を自動で入力
都道府県必須
市区町村必須
町域必須
建物名
TEL 必須
※住所等にご不備があった場合に、ご連絡させていただきます。

▼必要な方のみご入力下さい

梱包用
ダンボール
送付用伝票 枚数
種別

※[元払い]の場合、寄付品の送付送料は支援者様のご負担となりますが、その分、寄付金額がUPします。
(寄付品発送の際に送料のお支払が必要になります)

ガムテープ

※只今、ガムテープの送付は送料の都合上、見合わせております。大変申し訳ございません。


ありがとうブックでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、SecureCoreのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

page-top